スマホやパソコンで目を酷使していませんか?

 

 

「最近新聞や本の文字が見えづらい」
「テレビを見ているとき、すぐに目が疲れる」

 

最近モノがみえにくくなっていると感じませんか?
視力が低下してきたり、老眼で悩まされていることはありませんか?

 

今の世の中、大人も子どもも目を酷使する環境にさらされています。
大人も子どもも、朝から晩までパソコンやスマホと向き合っています。
仕事の合間のあいている時間や通勤・通学のちょっとした時間があれば、スマホや携帯でメールをしたりアプリやSNSを楽しんだりしている方がほとんどです。
家に帰っても、テレビを見たり、パソコンやスマホでネットサーフィンをして過ごす。

 

どれもこれも、「目の酷使」をすることばかりです。
一日中、休む暇もなく目は酷使されています。
これでは、視力がだんだんと低下していくのは当然でしょう。

 

そんな生活をつづけた結果、40歳を過ぎたあたりから、老眼が気になり始めるようです。
そしてだんだん老眼がひどくなり、メガネを複数持ち、どれをかけてよいのやらと困っている人をよくみかけるようになっています。

 

「老眼になってモノが見にくくなるだけ。」
そう思っている人が多いようです。
でもそれは大間違いです。

 

特に近視で老眼の人は気を付けてください。
実は近視で老眼の人は、合併症の危険性が増します。
例えば、緑内障や白内障、黄斑変性症、網膜剥離です。
その危険性は、近視でなかった人に比べ、格段に高くなているのです。

 

目のピントのボケは頭のボケとも言います。
老眼が進むにつれ、いわゆる「ボケ」の症状もだんだん進行してしまうようです。
かつてあった記憶力もいつの間にか失われてしまう、そういう人をよく見かけます。

 

老眼は40歳を超えたあたりから気になり始めることが多いのですが、最近では35歳ぐらいから進行する人が出てきています。
それどころか、子どものうちから老眼の症状が出ているケースも出始めています。

 

スマートフォンやタブレットの普及によりいつでもどこでも時間があればスマホやタブレットでゲームやメール、ネットサーフィンなど気軽にできる環境が整っていることが、老眼の症状に似たスマホ老眼という現代病もでき、それにより子どもにもスマホ老眼の症状が出ているのが現状です。

スマホ老眼・疲れ目を解消する目の体操法

スマホ老眼や疲れ目を解消する最も有効な方法とは、テレビやパソコン、スマホを見ることをできる限り減らすことです。

 

パソコンやスマホなどを至近距離で見ることは、通常のデスクワークの2〜3倍も目が疲れるといわれています。
朝から晩までパソコンやスマホなどを見ていると、2〜3日ぶっ通しで本を読んでいるのと同じぐらい目を酷使しているといわれています。

 

とはいえ、全くパソコンやスマホなどをみないでいることなんてできないですよね。
ですので、少しでも減らすように心がけること。そして、作業の合間に「目の体操」をすることをお勧めします。

 

スマホ老眼・疲れを目解消する目の体操

 

目のパチパチ運動

  1. 目をギュッと閉じる。以降全ての行程をそれぞれ10秒ずつ行う。
  2. 目をパッと開いて、上を見る。顔は正面を向いたまま動かさない。
  3. 再び目をギュッと閉じる。
  4. 目をパッと開いて、下を見る。顔は正面を向いたまま動かさない。
  5. 目をギュッと閉じる。
  6. 目をパッと開いて、右を見る。顔は正面を向いたまま動かさない。
  7. 目をギュッと閉じる。
  8. 目をパッと開いて、左を見る。顔は正面を向いたまま動かさない。

 

目を閉じたり、開けてみる時間は10秒前後が目安。

 

目の周りの筋肉や血管、神経を刺激し、目の細胞の新陳代謝を促すとともに、目の周りの筋肉を鍛える。これにより目の血流もよくなるので、疲れもとれる。

 

近視の強度化を促すので、眼球の伸びをストップさせるのに有効。
また毛様体筋も、普段使わないところを見るので、バランスよくストレッチされる。もちろん眼筋のストレッチでその柔軟性が取り戻され、血流が促される。

 

 

目を閉じる&開くで血流を促進

眼球を支え目でキョロキョロ動かす外眼筋と、ピントを合わせる毛様体筋を総合的に雨後がします。
特に外眼筋は眼球を支えているので、凝り固まると眼球を押さえつけて眼軸を伸ばします。

 

この目のパチパチ運動は、いつどこで行うことができます。
何回やってもいいのですが、1〜8のセットを1日最低1セットやっておけば大丈夫です。

 

目のパチパチ運動を行う時間帯もいつでもOKですが、オススメなのが「朝起きたとき」と「仕事や勉強を始める前」です。
目がシャキッとするので、気持ちが前向きになり、自然とやる気が出てきます。
きっと仕事や勉強がサクサクと捗るでしょう。

 

またパソコンやスマホを使い続けて、「目が疲れた」と感じ始めたタイミングでやってみるのも効果があります。

疲れ目・スマホ老眼対策【指先追いかけ運動】

動くものを見るときや、目を動かすときは目がスピードを必要としています。

 

そして現代人はパソコンやスマホなどに目を釘付けにして目を動かしません。
若いうちはまだいいのですが、老眼になると目がスピードについていけなくなります。
そこで動体視力の強化に効果的な指先追いかけ運動をご紹介します。

 

指先追いかけ運動

  1. 右手か左手どちらかの人差し指を前に出す。
  2. 自分の目の高さで右に50cmほど動かし、顔は正面のまま目で追う。
  3. 次に自分の目の高さで左に50cmほど同じように動かし、顔は正面のまま目で追う。これを1往復につき1秒で10回繰り返す。
  4. 続いて自分の目の高さから、上に見えるところまで動かし、顔は正面のまま目で追う。
  5. さらに4の状態から、下に見えるところまで動かし、顔は正面のまま目で追う。
  6. 次に右上へ指を動かし、顔は正面のまま目で追う。
  7. 続いて左下へ指を動かし、顔は正面のまま目で追う。
  8. 6,7と同様にして左上へ指を動かし、顔は正面のまま目で追う。
  9. 次に右下へ指を動かし、顔は正面のまま目で追う。

 

指を顔に対して前後に移動させることで、黒眼が寄ったり離れたりする。目が寄った状態でこのトレーニングをすると、より老眼には効果的です。

 

この運動により目が若返ると速いスピードにもついていけるようになります。

 

老眼が気になる人は寄り目にした状態でこのトレーニングを行うと、より効果的です。

 

手が離れたら反対の手を動かすようにします。

疲れ目・スマホ老眼対策【目のツボ押し運動】

体に点在するツボは、気圧の流れのポイントに相当します。
コンタクトレンズや眼鏡をすると、目から出る気の流れが滞り、視力が下がります。また近視は血流障害ですので、血液の循環も滞っています。

 

そこでツボを刺激し目の周りの気血の流れを促進させましょう。
ツボの位置は目頭、まゆ山の上、目のみぞの内側、頬骨の上です。

 

この体操は1日1回、1セットやっておけば大丈夫です。

 

目のツボ押し運動

  1. 目頭の上にあるツボ(溝の部分)をやさしく親指の腹で押す。
  2. 姿勢を前屈させ、指圧の負荷を少し加える。5秒数えたら、元に戻す。
  3. 親指で、眉と目の間にあるツボ(溝の部分)をやさしく親指の腹で押す。
  4. 姿勢を前屈させ、指圧の負荷を少し加える。5秒数えたら元に戻す。
  5. 次にこめかみの、押すと凹んでいる部分を親指の腹でやさしく押す。
  6. 姿勢を前屈させ、指圧の負荷を少し加える。5秒数えたら元に戻す。
  7. 続いて、目の下のツボ(溝の部分)を人差し指と中指の腹でやさしく押す。
  8. 姿勢を前屈させ、、指圧の負荷を少し加える。5秒数えたら元に戻す。

 

マッサージをするときは、正面を見てイスに座るか、立つかして行う。

 

ツボに圧をかける際、息をゆっくり吐きながら姿勢を前傾させ、5秒数えたら姿勢を元に戻す。

 

指圧の際、指は爪を立てず指の腹でやさしく指圧する。

 

ツボを指圧により刺激することで、目の周りの気血の流れを促進させることができる。

 

指圧の力は、押していて気持ちがよい程度で。ゆっくり指圧する。

 

全屈するときは、上半身の体重を軽く指圧している指に乗せる。

 

リラックスして行う。

目の運動の継続で効果倍増

人間の身体は、使わないと衰えていきます。
身体の筋肉と同じです。

 

筋肉は使わないと衰えていきます。運動不足が続くと、筋肉が落ちます。筋肉は発電所と同じですから、筋肉が落ちると新陳代謝も悪くなり、発熱量も少なくなります。そして、冷えやすい身体になってしまいます。

 

目の筋肉も同じことが言えます。
目の運動不足が続けば、目の筋肉が落ちます。
筋肉が少なくなると発熱量が減るので、冷えやすくなるのです。
しかし身体の筋肉と同じということは、筋トレをして鍛えればまた筋肉がつくということです。
目の筋トレがこの「目の運動」なのです。ですから、継続すれば必ず成果が出ます。
現代病とも言えるスマホ老眼も目の運動で改善することができます。
ぜひ目の運動を習慣化させて、目を酷使する日常を改め目を大切にしていきましょう。

関連ページ

目に悪い7つの習慣【スマホ老眼・疲れ目の原因はこれだ】
ファンケルからスマホ老眼対策サプリとしてスマホえんきんが発売されました。スマホえんきんは機能性表示食品でスマホやパソコンなどの利用からくる目のかすみやピント調節の衰えを改善してくれます。元々発売されていたえんきんとスマホえんきんの違いやスマホ老眼への効果など徹底的に解説していきます。
食生活が乱れると目が悪くなる?食生活と身体の冷えと目の関係とは?
ファンケルからスマホ老眼対策サプリとしてスマホえんきんが発売されました。スマホえんきんは機能性表示食品でスマホやパソコンなどの利用からくる目のかすみやピント調節の衰えを改善してくれます。元々発売されていたえんきんとスマホえんきんの違いやスマホ老眼への効果など徹底的に解説していきます。
目によいとされるルテインとは?
ファンケルからスマホ老眼対策サプリとしてスマホえんきんが発売されました。スマホえんきんは機能性表示食品でスマホやパソコンなどの利用からくる目のかすみやピント調節の衰えを改善してくれます。元々発売されていたえんきんとスマホえんきんの違いやスマホ老眼への効果など徹底的に解説していきます。
スマホ老眼は目のシワやクマにも影響するって本当?
ファンケルからスマホ老眼対策サプリとしてスマホえんきんが発売されました。スマホえんきんは機能性表示食品でスマホやパソコンなどの利用からくる目のかすみやピント調節の衰えを改善してくれます。元々発売されていたえんきんとスマホえんきんの違いやスマホ老眼への効果など徹底的に解説していきます。