ファンケルスマホえんきんとえんきんの違いって何?スマホえんきんの効果は?

 

 

ファンケルのえんきんは目のサプリメントとして知られているのですが、その種類としては通常のえんきん以外にもスマホえんきんというものもあります。

 

この2つの違いはどこにあるのかと言うと、それぞれのサプリメントが持っている特徴や役割を知ることによって把握できるようになっています。

 

ファンケルえんきんは目元調節機能を改善

 

 

ファンケルのえんきんですが、これは手元の文字が見えにくくなった・目のピントが合わずにぼやけて見えるようになったという場合に服用される事が多いサプリメントです。

 

えんきんの役割は手元の調節機能を改善すると言うもので、ルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルゴシド・DHAなどが含まれています。

 

特徴としても手元のピント調節機能を助ける作用を持っているものや目の酷使からくる肩こりや首筋の負担を和らげる効果を持っていることから、40代以上の人の中で老眼が原因で手元のピントが合いにくくなってきた・ぼやけて見えてくるという人におすすめされています。

 

要するにえんきんの役割は加齢が原因で起きてくる老眼の改善だとされているので、40代以降の老眼が出てきたと感じている人には最適なサプリメントだと言えます。

 

逆に若い人など老眼が考えにくい年齢の人の場合は服用してもあまり効果を得にくくなっているので、年齢によって飲むかどうかを検討する事がポイントになっています。

 

スマホえんきんはスマホ利用による目の不調を改善

 

 

ファンケルのスマホえんきんは、名前の通りスマートフォンやタブレットが原因で目の疲れを感じていると言う人が服用する事が多い目のサプリメントです。

 

このためスマホえんきんの役割としてはスマホ・タブレットなどの端末の利用によって起きる目の調整機能の低下予防・改善や目の疲れの改善だとされています。

 

なので服用をおすすめされている人としても20代から40代までで長時間スマホやパソコンを利用する事が日常的であるという人や、常にスマホやタブレットの画面を見ているという人になっています。

 

つまりえんきんとの違いとしては、まず利用されている目的や服用する事になった原因が挙げられます。

 

そしてもうひとつは含まれている成分が挙げられていて、スマホえんきんの場合はビルベリー由来アントシアニンが配合されています。

 

アントシアニンは疲れ目に効果的だとされているのでスマホやタブレット・パソコンによって目が負ってしまった疲労を緩和してくれます。

 

これは老眼による疲労にはあまり効果がないので、通常のえんきんではなくスマホえんきんだからこそ効果のある成分となっているわけです。

 

まとめ

 

40代以上の老眼が考えられる文字の見にくくさであれば「えんきん」をおすすめします。

 

20代〜40代の方で、スマホやタブレット・パソコンなどを使用することで文字が見えにくく感じたり、暗いところで見えにくいと感じる方は「スマホえんきん」がおすすめです。

 

自分の目の見にくさの原因を理解して、自分に合ったサプリメントを摂取するようにしましょう。