目によいとされるルテインとは?

目の病気を防ぐ成分としてルテインがあります。

 

ルテインはマリーゴールドやほうれん草、ブロッコリーなどに含まれる黄色の色素成分で、食べ物で摂取しようとすると、毎日ほうれん草を150g食べる必要があります。

 

吸収力には個人差がありますが、ほうれん草だけでルテインを摂取しようとするのは無理があります。

 

またルテインは網膜に存在する成分で、目を活性酸素の害から守ってくれます。
活性酸素は老化を早めたり、さまざまな病気を引き起こす原因と言われているので、ルテインは目にとってなくてはならない存在です。

 

この他、ルテインはゼアキサンチンを10mg:2mg(5:1)に処方したものは、黄斑変性症の発症リスクを57%低下させ、進行リスクを26%減少させます。
また、白内障の形成も低減させます。

 

そして有害なブルーライトをも吸収してくれます。

 

しかしここで注意してほしいのは、目の血流障害(血管がもろくなり消失し、血流が悪くなっていること)を放置したままルテインを摂取しても、思った通りの効果は得られないということです。

 

質の良い医薬品レベルのブルーベリーのサプリメントを飲みながら、ルテインを摂取するのが重要です。
またルテインの単独使用はおすすめできません。

 

関連ページ

目に悪い7つの習慣【スマホ老眼・疲れ目の原因はこれだ】
ファンケルからスマホ老眼対策サプリとしてスマホえんきんが発売されました。スマホえんきんは機能性表示食品でスマホやパソコンなどの利用からくる目のかすみやピント調節の衰えを改善してくれます。元々発売されていたえんきんとスマホえんきんの違いやスマホ老眼への効果など徹底的に解説していきます。
パソコンやスマホで目を酷使してスマホ老眼になっていませんか?
パソコンやスマホの使い過ぎでスマホ老眼の症状が出ている方が急増しています。あなたの目も酷使されていないかチェックしてみましょう。
食生活が乱れると目が悪くなる?食生活と身体の冷えと目の関係とは?
ファンケルからスマホ老眼対策サプリとしてスマホえんきんが発売されました。スマホえんきんは機能性表示食品でスマホやパソコンなどの利用からくる目のかすみやピント調節の衰えを改善してくれます。元々発売されていたえんきんとスマホえんきんの違いやスマホ老眼への効果など徹底的に解説していきます。
スマホ老眼は目のシワやクマにも影響するって本当?
ファンケルからスマホ老眼対策サプリとしてスマホえんきんが発売されました。スマホえんきんは機能性表示食品でスマホやパソコンなどの利用からくる目のかすみやピント調節の衰えを改善してくれます。元々発売されていたえんきんとスマホえんきんの違いやスマホ老眼への効果など徹底的に解説していきます。