アントシアニンとは?どんな効果がある?

ファンケルのスマホえんきんにはビルベリー由来アントシアニンが配合されています。

 

アントシアニンとは、ポリフェノールの一種です。

 

目に良い成分が多く含まれているので、最近話題のスマホ老眼にも効果的です。

 

長時間スマホを使うことによって、目のピントが合いにくくなったりするスマホ老眼ですが、アントシアニンを摂取することによって、目の機能を改善させる効果が期待できます。

 

アントシアニンには、眼精疲労やピント調節に大きく関わってくるロドプシンの再合成を助ける効能があるので、視覚機能を改善する効果があるのです。

 

そのほかにも、網膜の毛細血管を保護したり、血液の循環を向上させる効果も期待できるので、目の疲れに総合的に効果があります。

 

アントシアニンが含まれたサプリメントなども多く販売されていて、スマホ老眼に悩む人の役に立っています。

 

サプリメントの販売で有名なファンケルでも現代病となっているスマホ老眼対策のサプリとしてスマホえんきんが発売されています。

 

スマホえんきんにはビルベリー由来のアントシアニンが57.6mg配合されています。

 

アントシアニンは目の疲れなどを緩和する働きがあることから、ファンケルのスマホえんきんは機能性表示食品として販売されています。

 

臨床報告でアントシアニンの効果が証明されていますので、スマホ老眼の方にとって目の疲れやかすみを改善するのに最適なサプリです。

 

脂質の酸化を防ぐロドプシン

ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、物を明るく見るために必要な「ロドプシン」という物質の再合成を促す効果があります。

 

 

ロドプシンは眼底に存在し、これは光の刺激で分解・再合成され、電気信号として脳に伝達されます。

 

しかし年齢を重ねるごとに再合成のスピードが遅くなり、ロドプシンそのものの量が減っていきます。
またスマホやパソコンなど目を酷使すると、再合成する力が衰えるのが早くなりロドプシン分解に再合成が間に合わない状態になってしまいます。

 

そのため中高年以降になると、モノが自然と暗く見えるようになりますし、スマホなどで目を酷使している方は目のかすみなどの症状が出るのです。

 

ロドプシンには、脳の脂質の酸化を防ぐという役割もあります。

 

脳はピンク色をしていますが、これは大量のロドプシンが存在しているからです。
脳は6割〜7割が脂質で構成されており、その作用には欠かせない存在です。

 

しかし一方で酸化しやすい性質も持っています。酸化した脂質は役に立たなくなるので、ロドプシンは脳を円滑に動かすには必要です。

 

質のよいブルーベリーのサプリメントを飲むと頭がスッキリします。
ブルベリーのアントシアニンが脳の神経の中のロドプシンに影響を与えていることは間違いありません。

 

ファンケルのスマホえんきんにはブルーベリー由来のアントシアニンが配合されています。

 

スマホえんきんは機能性表示食品で、アントシアニンが目の焦点を合わせやすくすることで目の疲労感を改善する機能が報告されており、科学的にもアントシアニンの目への効果が実証されています。