ファンケルスマホえんきん新発売!ファンケルのスマホ老眼対策サプリ

ファンケルからスマホ老眼対策サプリメントとして、スマホえんきんが2017年3月17日に発売されました。

 

皆さんはスマホ老眼ってご存知ですか?

 

スマホ老眼とは、スマートフォンを長時間使用することで、目を酷使することにより、老眼に似た症状が引き起こされる現象を表す言葉です。

 

老眼は40代半ばから50代にかけてあらわれますが、スマホ老眼はスマホを利用する20代〜40代の年代に多く見られます。

 

実際に現代人の86.2%が目に疲れを感じているといわれています。

 

 

朝、通勤中にスマホでニュースやメールをチェックしたり、日中はずっとパソコンで仕事をしている。
また仕事が終わってからはスマホでSNSやアプリでゲームをしているという生活を送っているとスマホ老眼の症状が現れてきます。

 

 

 

まだ若いからと言ってスマホ老眼の症状が出ているのに放っておくと、目の疲労感からくる頭痛やめまい、肩こり、不眠などさまざまな疲れの原因になってしまいます。

 

 

 

 

このような症状が出ている方はスマホやパソコンの利用をできるだけ控えたほうがいいでしょう。

 

とは言っても、パソコンは仕事で必ず使う方もいらっしゃいますし、仕事上スマホでのやり取りでメールを頻繁に利用する方もいらっしゃるのが現状です。

 

そこでスマホ老眼を対策するためにファンケルのスマホえんきんがおすすめです。

 

 

スマホえんきんには、ビルベリー由来アントシアニンという成分が配合されています。

 

アントシアニンは、ブルベリーの紫の色素となっているもので、目のはたらきを高める効果や眼精疲労を予防する効果があります。

 

スマホえんきんにはアントシアニンが57.6mg配合されています。

 

アントシアニンのはたらきが臨床試験報告され、スマホえんきんは機能性表示食品として販売されています。

 

モニターさんにスマホえんきんを4週間試してもらったところ、近点調節機能が改善されることが認められました。

 

 

 

また別のモニターさんではスマホえんきんを7日間試してもらったところ、目の疲労感が改善される結果が出ています。

 

 

 

スマホえんきんにはビルベリー由来アントシアニン以外にもルテイン・ビタミンB1・B2・B6・B12など目にいいとされるものがたくさん配合されていますので、相乗効果が期待できますね。

 

 

 

 

 

ファンケルのスマホえんきんは、初めての方がお試ししやすいように初回限定のお試しセットが販売されています。

 

1袋(2週間分)は通常780円のところ、初回限定のお試しセットでは4週間分(2袋)が780円で購入できます。

 

しかも送料無料です。

 

 

 

ファンケルは返品交換無制限保証の制度がありますから、万が一満足いかない場合には返品してもOKです。

 

 

 

 

返品手数料はファンケル持ちですし、開封後でも返品ができるという素晴らしいサービスです。

 

なので気軽にお試しできるのでスマホ老眼が気になる方はぜひこの機会にお試しください。 

 

スマホ老眼とは?

 

 

老眼は、近いものが見づらい状態になることを指します。
薄暗い時間になると遠くがぼやけるという症状もあります。
本来は中高年である40歳前後から始まる目の老化現象です。

 

しかし、近頃は中高年世代だけでなく、若年層にも症状が見られるようになってきました。
その原因がスマホです。
長時間のスマホの使用によって、老眼のような状態になることを「スマホ老眼」というそうです。

 

人間は五感のうち、視覚に最も頼っています。
そのため、日々酷使しているのです。
スマホが大量に流通している今、スマホなしの生活もなかなか考えられないと思います。
しかし、スマホからはブルーライトという有害な光が発せられているので、目は毎日ダメージを受けているのです。
そのダメージの蓄積が「スマホ老眼」に繋がるのです。

 

スマホ老眼の症状とは?

スマートフォンが普及し始めた2015年以降、スマホの使用によって起こる老眼の症状を訴える人が急増してきました。

 

そもそも、老眼は550代ごろになると現われ、加齢によって水晶体や毛様体が硬くなり、目の調節機能が低下し、近くの物に焦点が合わなくなる症状です。

 

かつては、若い人が老眼になるという話は聞いたことがありませんでした。

 

老眼の症状のある人は、近くの文字が見えにくくなります。
たとえば、新聞などの文字も新聞と目の距離を話せば文字が見えやすい状態になります。

 

一方、「スマホ老眼」は医学的には「調節緊張」と呼ばれ、一時的に老眼に似た症状が起こります。

 

具体的には遠くがぼやけて見えます。
このような状態が繰り返されると、近くの物もぼやけたりします。
スマホ老眼による目の不具合は一時的ではあるものの、老眼を早めるという事も懸念されています。

 

スマホ老眼に当てはまる人とは?

スマホを長い時間見続けていると、遠くの景色や物がぼやけて見えることはありませんか?

 

それはスマホ老眼の始まりです。

 

スマホの画面を見続けていると、目の中の毛様体筋が疲れてしまって一時的に老眼に似た
症状が出るといわれています。

 

また、最近では目の焦点が合いにくくなってきている方も多くなっています。

 

知らず知らずにスマホの画面を片眼で見ていることや眼を酷使すると焦点が合いにくくなり
ます。

 

スマホ老眼チェック

  • 毎日3時間以上スマホやパソコンを使用している
  • 目の疲れを感じることがよくある
  • 昼間に比べて夕方は物が見えにくく感じる
  • 小さい文字が見えにくい
  • 近くもの物を見るとぼやけて見える
  • スマホを見るときに目の位置から30cm以上画面を離すとよく見える
  • 薄暗いところでは物が見えにくく感じる
  • 目の焦点が合わないことがよくある

 

 

1〜4個当てはまった方
スマホ老眼の可能性は低いですが、今後スマホ老眼になる可能性はありますので、予防をしてスマホ老眼にならないように気を付けましょう。

 

 

5個以上あてはまった方
スマホ老眼の可能性があります。ちょっとした空きの時間にスマホばかり見ていませんか?長時間のスマホ・パソコンの利用は目に疲れがたまる原因になりますので、1日のうちスマホを見る頻度を下げるように努力しましょう。

 

 

スマホ老眼を防ぐには、スマホの画面をあまり近くで見ないことと、スマホの画面を20分〜30分見たら、遠くを見たり目の体操をしたり疲れているときは目を休めるようにしましょう。

 

スマホ老眼対策・改善する方法とは?

スマホが普及しはじめてからスマホ老眼が若い人の間で増えています。

 

これは遠くが見えても近くの文字がぼやけてしまい、少し離すと見えたり薄暗いと見えにくい、夕方だとピントが合いにくいなどの症状がおきます。

 

昼間に仕事などで眼を酷使して夕方になると筋肉疲労が溜まることで見えにくくなる症状だと夕方老眼です。

 

朝と夕方だとピント調節機能が8歳も老化するといわれていて、その状態が1週間続くと週末老眼になります。

 

他にもストレートネックやドライアイ、肩こりや頭痛などからだの不調が問題になっています。

 

深刻な問題になっているスマホ老眼ですが改善や対策、そして予防は可能です。

 

スマホ老眼の主な対策は体に悪い影響が出ないような使い方をすることです。

 

一番の改善策はスマホを使わないことですがそれは現実には難しい人も多いです。

 

そんなときの対策はスマホを見るときに40cm離すことや眼の周りを温めたり、毛様体筋を鍛えることでも予防が出来ます。

 

毛様体筋を鍛え方は目の前に人差し指を出してピントを合わせてから3秒数えて、次に3m先のものにピントを泡得て3秒数えます。

 

これを10回繰り返して鍛えます。

 

スマホ老眼は眼精疲労なのでケアを続けることで改善も可能で、1時間使ったあとは10分ほど休憩をして遠くを見るようにすると目の筋肉も緩んでリラックスできます。

 

スマホ老眼を改善する方法にはいろいろありますが、サプリメントを利用して改善する方法も有効です。

 

ファンケルのスマホえんきんはスマホ老眼に特化したサプリですので、スマホ老眼の症状を改善することができます。

 

毎日継続して摂取することで目の疲れやかすみなどが早く改善されます。

 

若いからまだ大丈夫だと思わずにスマホ老眼対策はしっかり行って目を大切にしましょうね。